« SPECIAL REQUEST PODCAST 063 | トップページ | GIAN v CASIO - FANTASTIC ECHO vol.01 »

2007/11/14

BROWN SUGAR

BROWN SUGAR

ブラウン・シュガーってこんな3人娘ですよ♪
左-キャロン・ウェラー 中-コフィ 右-ポーレイン





80'sの女性ボーカルグループの中でも頭1つ出てるグループだと思ってる「BROWN SUGAR」。メンバーのキャロン・ウェラーやコフィ等のUKソウル期やそれ以降の活躍を知っていればこのグループがいかにヤバいかが分かると思います。

ブラウン・シュガーにはアルバムは存在していないけど、発売されている12インチや7インチをまとめると1枚のアルバムが出来上がるほどのリリース量があります。リリースされているレコードはそれなりのレア度でなかなか手に入りにくいけど、ラバーズロック好きには避けては通れないグループなので必ず1度は探す事になるでしょう。

彼女等が最初に発表した曲は77年にレゲエチャートで第1位を獲得しています。他の曲もレゲエチャートにランキングされています。レゲエチャートからみても、ブラウン・シュガーがいかに人気があったグループか分かります。初めて世に出たときのレーベル名はその名も「LOVER'S ROCK」(もしかしたらRAMAが先かも?)。LOVER'S ROCKレーベルからは4枚の7インチと1枚の12インチが出ています。

何故かLOVER'S ROCKレーベルから出てる「IM IN LOVE WITH A DREADLOCKS」は少し前に再発が出ています(少しは売れたのかな?)。音は最高に悪いので出来ればオリジナルを探して欲しいなぁと思います。それから、IM IN LOVE WITH A DREADLOCKSにはRAMA盤も有ります。結構レアなのでLOVER'S ROCKレーベルの7インチを探すのがベター。(LOVER'S ROCKレーベルの7インチも2種類あってどっちが1stプレスかは不明)

RAMAと言えばDENNIS BOVELLですね!! RAMAレーベルにはなんとIM IN LOVE WITH A DREADLOCKSと同オケでDENNIS BOVELLのDEE JAYカットの7インチも存在しています。かっこいいので血眼になって探しましょう!! 2枚の7"を二枚使いするとオタクや玄人は「オォォ〜!!」ってなりますよ(滅多にならないけど.....気づいてくれる人いないけど........)。

レゲエチャートにチャートインしてるBLACK PRIDEとHELLO STRANGERは謎なレーベル「AFRICAN DRUM MUSIC」から12インチがリリースされてます。とても正規盤だとは思えないほどBLACK PRIDEのDUBへの繋げ方はひどいモノです。これがDENNIS BOVELLの仕事だとはどうしても思えない適当なDUBへの接続。さらにひどいのがBLACK PRIDEのボーカル部分とDUB部分の音のレベルが違う事! 2枚買ってみて聴きくらべてみたけど、どうやらプレスミスでは無いようです。 ひどい仕事をするなぁ〜。誰が作ったのこの12インチは??

LOVER'S ROCKの音源をレコードで揃えるのはかなり大変なので、DENNIS BOVELLが監修したこちらのCDをお勧めします。LOVER'S ROCKからは出ていない音源も入っていて十分満足いく内容です。是非どうぞ!!



そして、BROWN SUGAR音源を日本で有名にしたのはやはりRELAXIN' WITH LOVERSから発売された「STUDIO16」シリーズでしょう?! LOVER'S ROCKレーベル以降のリリースだけあって、クオリティーはSTUDIO16の方が数段上だと思います。(LOVER'S ROCKレーベルから出てる曲はどれも音がたってなくて丸い)。なぜSTUDIO16のクオリティーが高いのか? やはり、プロデュースやミュージシャンとして活躍するDENNIS BOVELLとJOHN KPIAYEが腕を上げたのが大きい要因でしょう? 

STUDIO 16の音源はRELAXIN' WITH LOVERSで簡単に聴く事が出来ます。ほとんどのいい曲が網羅されていますし、マスター音源からのCDプレスなので音がいいです。オリジナルにこだわらない人はRELAXIN'のCDやレコードを探すのがいいかと思います。

BROWN SUGARはSTUDIO16以降にも、ARIWAや他のレーベルから12"が出ていたりしていていつ解散したのかは不明です。現在も3人集まって歌ったりしてるのかも知れません。

後の活動が目立つのでキャロン・ウェラーやコフィばかりに注目される事が多いけど、もう一人のボーカルのポーレインは当時メンバーの中で唯一ソロで12インチを出しています。それも2枚も!!! その内の1曲はステッパーリズムのルーツで最高にかっこいいんです(バックバンドは知る人ぞ知るDAMBALAだしネ)。3人ともボーカリストとして才能があった珍しいグループだったんではないでしょうか?

そして、忘れてはならないのが彼女等のバックで最高のプロデュースしたDENNIS BOVELLとJOHN KPIAYEの2人。彼らなくしてブラウン・シュガーがここまでいい曲を残す事はなかったでしょう。





ちなみにブートだと思うけど
こんなにかわいいドイツ盤の7インチがありますよ〜〜♪

De16_1








------------------------------------
LOVER'S ROCK-7"
BROWN SUGAR - DO YOU REALLY LOVE ME
BROWN SUGAR - IM IN LOVE WITH A DREADLOCKS
BROWN SUGAR - BLACK PRIDE
BROWN SUGAR - HELLO STRANGER

LOVER'S ROCK 12"
BROWN SUGAR -FOREVER MY DARLING // FREE // JOHN KPIAYE - ALBATROSS

------------------------------------
STUDIO 16-7"
Brown Sugar - I Am So Proud

STUDIO 16-12"
Brown Sugar - You And Your Smiling Face
Brown Sugar - Our Reggae Music
Brown Sugar - Dreaming Of Zion
Brown Sugar - Confession Hurts
Brown Sugar - Run Away Love
Brown Sugar - I Am So Proud

------------------------------------
LISTEN

Brown Sugar - Run Away Love

Brown Sugar - Our Reggae Music

Brown Sugar - Dreaming Of Zion

Brown Sugar - Confession Hurts








CASIO
----------------






|

« SPECIAL REQUEST PODCAST 063 | トップページ | GIAN v CASIO - FANTASTIC ECHO vol.01 »

CASIO」カテゴリの記事